hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【元不登校ひきこもりが語る】不登校引きこもりの解決のヒント

こんにちは!

ハナです。

 

ブログを見てくださり

ありがとうございます。

 

今回は、

「不登校引きこもり」についてです。

 

前回の記事はこちらです

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

今日は、

「不登校引きこもりの解決のヒント」

についてお話させていただきます。

 

僕自身、不登校で引きこもりを経験しました。

 

どのようにすれば、少しでも改善し、

解決することができるのか?

 

そのヒントとなるお話をしたいと思います。

 

 

1. 不登校引きこもりの解決へのヒント

 不登校引きこもりの人は、

 

「心の中がそうするしかない状態」

 になってしまっています。

 

 簡単にいうと、

 何もなければ同じ状態を選び続けてしまう

 という状態です。

うつ状態

 これには、前向きに進んでいくための

 “アクション”を起こしていく必要があります。

 

 今回、不登校引きこもり経験者である僕が

 

「どのようにすれば明るさを取り戻せるのか?」

 シェアさせていただこうと思います。

 

・とにかく日の光を浴びる

 

 →これは良く言われることですが、

 太陽光はセロトニンという幸せホルモンを

 生み出してくれます。

 

 とにかく日の光を浴びることは大切です。

 

 なにより、外は明るくて空気の循環も良いので

 心理的にもとても有効だと思います。

 

・ビタミンD3を飲む

 

 →太陽を浴びられないのであれば、

 ビタミンD3という太陽のビタミンを飲んでください。

 太陽光が肌に当たると生成されるものです

 

 これはセロトニンに影響します。

(下の記事をご参考ください)

www.hanalifestyles.com

 

・外に出るキッカケを用意する

 

 →太陽を浴びるのもそうですが、

 やはり動くことで血液が循環します。

  

 これは僕の人生を変えてくれた先生の言葉で、

 「身体が動けば、心が動く!」

 というものがあります。

 

 当時はあまりピンと来ませんでしたが、

 本当にその通りだと思います。

www.hanalifestyles.com

 

 例えば、

 「外食をしにいく」

 「イベントに出かける」

 「旅行にいく」

 「大自然に触れる」

 「普段しないようなことをする」

 

 などなど、外に出るいい訳は

 いくつも出てくるかと思います。

 

 僕自身、今振り返ってみて

「どうすれば外に出るかな?」

 と考えてみると、

 

 きっとあの頃の自分でも

 「服を買ってくれる」 

 「好きなだけ本を買ってくれる」

 「飛び切り美味しいものを食べさせてくれる」

 「インド行きのチケットをくれる」

 

 (インドは冗談です)

 

 など言われていれば、

 いくら引きこもっていても

 一回くらいは外に出たでしょう。

 

 「買ってくれる」ばかりなのが

 なんともいえないですが、、笑

 

・感情が動いてしまうことをする

 

 これは外に出るきっかけにも

 通じてくることですが、

 

   強制的に“感情が動く”体験をすると、

   心は少しずつ蘇ってきます。 

 そもそも、

 

 “循環が悪いもの”というのは

 何においても不健全です。

 

 例えば、

 

 水も置いていれば腐りますし、

 お金の流れが少なければ経済も衰退しますし、

 

 空気も入れ替えなければ悪くなりますし、

 血液の循環が悪いと身体が悪くなります。

 

 そして、“不登校やひきこもり”状態というのは

 まさに「循環が悪い」状態です。

 

 肉体的にも留まっていますし、

 精神的にも真っ暗でカチコチです。

 

 だから、“循環を良くする”ために

 感情が動く出来事を起こしてあげてください

 

 簡単にいうと、

 “非日常です。

 

 これを与えてあげられると、

 未来への確実な一歩に繋がります。

 

 その他にも考えられるものとして、

 

 「辛いものを食べる」

 「運動・スポーツをする」

 というものがあります。

www.hanalifestyles.com

 どちらも血流がよくなりますし、

 運動はメンタルにとても良いと言われています。

 

・何でもいいから目標を作る

 

 年齢は関係なく、

 

 「未来に目標が無い人」は

 早く老けてしまうと言われています。

 

 簡単にいうと、

 「何のために生きているかわからない」

 という状況になってしまいます。

 

 そうすると、

 特に目的もなく時間を使ってしまいますし、

 

 “今”という時間の先にはより悪い未来しか見えません。

  実際、そうなっていきます。

 

 とはいえ、今目標がないからもうダメだ

 となってしまっても仕方がないですよね。

 

 まずは、「目標を立てることが目標」

 でもいいと思います。

 

 未来への道筋が見えると、

 人はより歩いていけるようになります。

 

・人との繋がりを重要視する

 

 私たちは人間ですが、

 やはり一番求めているのは同じ人間です。 

 

人は人を求めるもの

 これは人類が誕生してからずっと変わらないことで、

 これからも同じことだと思います。

 

 遺伝子レベルで人との繋がりを求めています。

 

 ですので、本当に少しずつでもいいので、

 「人間関係」というのを増やしてみてください。

 

 最初は、心療内科の先生でもいいです。

 家族内での繋がりでもいいです。

 

 出来るなら同じような境遇の人同士での

 繋がりもあると良いかと思います。

 

 ほんの少しでも自己開示ができて、

 会話ができて、自分の居場所になる所。

 

 それを増やしていくことがカギになります。

 

 「時間を掛けること」 

 「焦らないこと」

 「ハードルを下げること」

 

 ぜひ、これを意識してみてください。

2.不登校引きこもりは必ず変われる!

  今回、僕が一番お伝えしたいのは、

 

   不登校でも引きこもりでも、

   最後は必ず変わることが出来る!

 

 ということを本当に信じてあげることです。

 

 家族のためにも、自分のためにも、

 まずはそれを本気で信じてください。

 

 それが無ければ始まりません。

 状況は動き出しません。

 

 それから、

 進展であれば、ほんの少しのことでも

 喜ぶようにしてください。

 

 例えば、赤ちゃんが1歳、2歳になり、

 

 ハイハイが出来るようになった。

 言葉が少し話せるようになった。

 

 そんなの、少しでも出来るだけで嬉しいかと思いますし、

 

 最初から、「もっと頑張れ!」

 だなんて言わないでしょう。

 

 それでいいんです。

 ほんのちょっぴりずつでいいのです。

 

   疲れている心には、

   少しずつがちょうどいいです。

 

少しずつ良くなっていく

 まずは元気になれることを信じること。

 少しずつ良くなる選択肢を選ぶこと。

 

 ぜひ、試してみてくださいね。

 

 大丈夫です。

 

 ハナ野郎なんか、自殺するくらいに

 心を閉ざしていたのに、

 

 今ではただのインド人です。

 ええ。インドが好きなアホ野郎です。笑

 

 上京して、成人式に行かずに一人旅をする

 ひねくれ者で、一人でインドに行く変わり者です。

www.hanalifestyles.com

 

 ですがそこから、人生初の彼女ができて、

 今では本当に比べ物にならない幸せを感じています。

 

 

 もちろん僕も応援しています。

 なにせ、同じ所からやってきた仲間ですから。

 

 

 それでは、今回は以上になります。

 

 

   最後まで読んでくださり

  ありがとうございました!

 

 

○こちらの記事もオススメです!

↓↓↓
www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com