hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【黒歴史?】元不登校引きこもりが成人式に行かず一人旅していた話

こんにちは!!

 

ハナです。

いつもブログを見てくださり

ありがとうございます。

 

そして、

もうすぐ新成人のみなさん

おめでとうございます!

 

新しい門出がよりよい時間になることを

ささやかながらお祈りしています。

 

そして、社会人のみなさんは成人の日。

年明け早々の祝日をお楽しみください。笑

 

さて、もうすぐ成人式ということで

少し懐かしいお話をしようと思います。

ほぼ家に引きこもりボッチだった時代です。

 

僕が成人式の年は、もう何年も前になりますが

僕は成人式には行きませんでした。

 1. 成人式の年に僕が考えていたこと

 ええ。このインド大好きな男は

 ご存知の通り変な人です。笑

 

 もちろん、当時はまだインド野郎では

 ありませんでしたが、

 

 20歳だった頃のインド君は

 成人式には行きませんでした。

 

  もちろん、当時は死ぬほど悩みました。

 

 人生に一度の晴れ姿を親に見せるべきだろう、、

 幼馴染や友達はみんな成人式にいくんだろう

 懐かしい先生や地元の友達にも会いたい気持ちもある

 

 色々な想いの嵐。

 葛藤の日々でした。

 答えなんてない毎日です。

 

  自分を知っている全ての人が 

  自分のことを忘れてしまえばいい

 

 そうなれば凄く楽だと思いましたし、

 だからこそ悩みました。

 

 どうせ自分なんか、

 成人式へ行っても恥ずかしいだけだ。

 みじめなだけだ。

 

 そう思い、

 結局成人式には行きませんでした。

 

 ですが、今から振り返ってみても

 後悔は一つもありません。

 

  なぜなら、僕にとって成人式の日は

  今でも忘れられない思い出があるからです。

2. 成人式の日を大切な日にするために

 ええ。繰り返しにはなりますが、

  僕は元々不登校引きこもりです。

 

 詳しいお話は以下の記事をご覧ください↓

www.hanalifestyles.com

  noteにも僕の歴史を刻みました↓↓

www.hanalifestyles.com

 話を戻しますが、

 成人の日には成人式の場にはいませんでした。

 

 一つの大きな理由は、僕の地元が福岡で

 東京で一人暮らしを始めていたからです。

 

 なかなか帰るタイミングができずに

 帰省できなかったというのもあります。

 

 ですが、それは正直言い訳で

 僕には成人式に行く勇気がありませんでした。

 

 友達に顔向けできませんでしたし、 

「今、なにしてるの?」

 と僕を知っている誰かに

 質問されるのを想像しただけで吐きそうでした。

 

 それでも僕の頭の中には

  成人式は一生に一度しかない

 このありきたりなフレーズがグルグルと

 永遠に回り続けていました。

 

 もはや逃げ場なんてなくて、

 「自分だけがおかしいんだろう」

 と自分を責めていました。

 

 ですがそんなある日、

 僕はひらめきました。

 

  成人式が一生に一度の思い出の日なら、

  成人式の日に一生忘れない思い出を残そう。

 

 次第に僕は心に決めました。

  自分だけの成人式をつくろう。

 

 そう思うことが出来たおかげで、

 少しは自分を誇りに思うことができました。

 

3. 成人式の日に僕が居た場所

 当時の僕はなぜだかわかりませんが、

 無性に、日光や鬼怒川温泉に行きたかったのです。

 

 理由はもはやわかりませんし、

 正直なんでも良かったのでしょう。

 

  とにかく日光、鬼怒川へ行きたくて、

  僕は成人式の日に本当に行ってしまいました。

 

 朝4時半におきて始発電車に乗り込み、

 三時間くらい?かけて日光へ向かいました。

 

 お金なんてあまりないので、普通の電車です。

 車両は埼玉、群馬とどんどん進んでいきます。

 

 当時はその二県とも行ったことがなかったので、

 目の前に見える全てが冒険のようでした。 

 

 途中、教科書でしか見たことのない

 利根川を横切りました。

 その時の感動は言いようがありません。

 

 偶然とはいえ、教科書の写真でしかみたことない地に

 実際にやってきているというだけで嬉しかったんです。

 

 それから日光で東照宮や近くの神社を観光し、

 鬼怒川温泉では日帰りで入浴しました。

 

 大きな岩にぶつかり白く割れる渓流を目の前に、

 僕は露天風呂でただただ癒されていました。

 

 目に見えるもの。聞こえてくるもの。

 聞こえてこないもの。手に触れるもの。

 出会う人々、初めての味。

 

  あらゆる全てが新鮮で、

  幸せな時間でした。

 

 他の誰にも邪魔されることのない 

 自分だけの思い出の時間です。

 

    成人式のことなんて頭からなくなりました。

 生きた時間が目の前にありました。

 

 なにせ、当時は初めての一人旅だったので 

 すごく不安でドキドキしましたが

 だからこそ、物凄い濃い一日になりました。

4. 成人の日に僕が得たもの

 そんなこんなで僕は成人の日、

 日光、鬼怒川一人旅を敢行し

 濃い満足と疲労感と共に帰宅しました

 

 朝5時の電車だったのに、

 帰ってきたときには夜の10時くらいでした。

 

 だからこそ、日帰りでも大満足の一日を

 過ごすことができました。

 

 今でもあの日だけは特別で、

 いつでも鮮明に思い出すことができます。

 

 僕以外の友達が成人式に出席している時に

 僕自身は日光、鬼怒川一人旅をしていた。

 

 その事実だけでやっぱり記憶には残りますし

 自分が行きたいところだったので

 物凄い充実した一日にすることができました。

 

 これは、とっても恥ずかしいのですが、、

 もしこれを見てくださっている方の中に

 

  当時の僕と同じような境遇の方がいて、

  そんな方の勇気になるように

  写真を見せたいと思います。

 

 探しても行方知れずでしたが、

 一枚だけ出てきました。。

f:id:hanalifestyle:20200102190519j:plain

闇の塊みたいな当時のピチピチな僕

 ええ。比べてみたらわかりますが、

 このときはいかにも小説を書きそうな僕で、

 

 おかげさまで小説を書きそうにないといわれる

 明るくハッピーな僕に今では変化できました。

 

 ですが、この当時の僕の思い切りだったり

 

 本気で人生を特別のものにしたい。

 自分が生まれてきた意味を見つけたい。

 

  そんな健気でセンサイな僕の想いのおかげで

  今の自分があるんだと思っています。

 

 ですので、これを見てくださっているあなたに

 僕から伝えさせていただきたいことは、

 

 例えどんな暗い状況にあっても、

  自分の人生をしっかりと見つめる

 ということをして欲しいと思っています。

 

 それは、他の誰のためでもなくて

 自分のためだけにやってください

 

 あなたが自分を愛してあげられなければ

 誰も幸せにすることができません。

 

 そんな人生で終わってしまっていいのか。

 一度考えてあげてみてくださいね。

 別に時間がかかってもいいんですよ!!

 

 ええ。あなたも絶対に大丈夫です。

 

 こんな上の画像みたいだった僕でも、

 今ではただのインド大好き人間です。

f:id:hanalifestyle:20191203114622j:plain

成人式から2年後の僕

 これは僕個人のおせっかいですが、

 ぜひ、あなたも一人旅に出かけてみてください。

 旅は人生を間違えなく変えてくれます。

 

 当時の僕自身も、

  孤独ではありましたが、

  後悔が残らないんです。

 

 ぜひあなたも後悔のない人生を送るためにも

 一度考えてみてくださいね!

 

 この記事が少しでも勇気になれば嬉しいです。

 

 それでは、今回は以上になります。

 最後までご覧くださり

 ありがとうございました!!

 

 だんにゃばーど。

(ヒンディー語でありがとう)

 

※【追記】

先日、Kindleにて“自信”についての本を出版しました

↓↓↓

『元不登校ひきこもりの僕が見つけた

 一生ブレない“自信”のつけ方』

https://www.amazon.co.jp/dp/B0849X2KRX/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_KUQmEbBEYEMQG

 

☆こちらも合わせてごらんください!

 先日、僕の原点について語らせていただきました。

  ↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com