hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【緊急事態宣言】いつまで自粛ムードが続くのか?~今後を推測してみた~

こんにちは。

 

ハナです。

 

ブログに訪問くださり

ありがとうございます。

 

今日はマジメな話をしようと思います。

(え、いつもそう、、?)

 

このコロナウイルスパンデミックも

どうしようもない所まできたかと思います。

 

現時点では世界で200万人を超えようかという

感染者数まできてしまいました。

 

もう“コロナ鬱”や“コロナ疲れ”という言葉を聞いて

随分経ってきたかと思いますが、

www.hanalifestyles.com

 

毎日ニュースでは不安になる情報ばかりで、

“回復者がどれだけ増えたか”の情報はありません。

 

広告のために不安にさせるのが報道の仕事でもあるので、

仕方がないかもしれませんが、

 

私たちからすると迷惑な話ですよね。。

 

今回はこの自粛ムードな風潮が

いつまで続くのか?

 

ハナ野郎なりに推測してみました。

 

 

1.コロナ自粛ムードは緩和されるのか?

 

 今や世界中の人が「手洗いうがい」を徹底してますが、

 感染者は中々減らないのが現状です。

 

 あまり煽るようなことをしたくないのですが、

 

 どうやら「買い物した物」からの

 感染も起こりうるそうです。

スーパーで感染する

 僕自身、買ったものを家に入れる時は

 消毒してから仕舞うようにしています。

 

 おそらく、そこまでしないと完全に防げるものではなく、

 街中のあらゆるところにウイルスが蔓延しているのでしょう。

 

 なので、「感染者がいなくなり収束する」

 というのはあり得ないと考えた方がいいかもしれません。

 

 つまり、ゴールになるのは

 「ワクチンの完成」のみで、

 

 それまでは世界中で

 今のように警戒するしかありません。

 

 なにせ、やっかいなことに無症状の感染者がいて、

 その人が“リスクの高い人”に移しかねないのです。

 

 コロナウイルスは人を選ぶことはありませんので、

 

 有名人、お金持ち、貧乏な人、

 全ての人に等しく感染します

 

 日本では、志村けんさんですら突然亡くなってしまいました。

 僕も幼い頃からテレビで見ていて大好きな方でした。

 

 とても残念です。

 

 少なくとも、そのような最後であって欲しくなかったのは

 みなさんが思ったことでしょう。

 

 イギリスでは首相ですら感染して大きな話題になりました。

 もし仮に彼が亡くなっていたら、大変な騒ぎになったでしょう。

 

 つまり、どういうことかというと、

 「国は警戒せざるを得ない状況」ですよね。

 

 しばらくして感染者が減ったから、

 「よし、ファイン。もう今日から安全だぞ」

 と言うわけにはいかず、

 

 「引き続き、不要不急の外出は避けてください」

 と国民に伝えるしかないのです。

 

 また、国外との関わりも小さくするしかなく、

 国内から海外へ行くことも、海外から国内へ来る人も

 両手を挙げて歓迎するわけにはいきません。

 

 だから、仕事に支障が出る人は大勢いて、

 その状況がしばらく続くということです。

 

 そして、残念ながら現状では日本の政府で

 それらを全力で保障する意向はないようです。

 

 あくまで、最低限はやりますよ。

 というスタンスのままなのでしょうか。

 

2.コロナウイルス感染者の推移はどうなる?

 

 一説によると、

 「紫外線が強くなる6月以降には落ち着くだろう」

 という風にいわれています。

 

 確かに、南の方は明らかに感染者の伸びが少なくて、

 感染爆発を起こしているのは冬の地域ばかりです。

 

 日本でも沖縄の感染者は少なく、

 回復者の数も比較的に多いです。

 

 全く関係がないといえば違うでしょう。

 

 ですが、インフルエンザなど従来のウイルスよりも

 「しつこくたちが悪い」ウイルスでもあるようです

 

 つまり、僕自身が推測する範囲では、

 「6月以降は落ち着いて、減少傾向に転じる」

 という風に思います。

 

 上手くいけば、毎日の感染者は一桁台。

 もしくはゼロな日も出てくるかもしれません。

 

 ですが、安心出来ないのは、

 

 「9月以降にまた徐々に増え始めて、

  11月にもなれば再び増え始める」

コロナウイルス感染者の推移

 という風にも思います。

 単純に、また寒くなり始めるからです。

 

 感染者が多いと言っても、数字上では

 たかだた数万人程度の感染者です。

 

 東京の人口はその数百倍で、

 多くの人は無感染のままです。

 

 今年現れたばかりのウイルスですので、

 「集団免疫」という多くの人が一度回復した状態

 にはまだ数年掛かるものでしょう。

 

 ということは、

 「油断をすればすぐに増えかねない状況」

 だということですよね。

 

 そして、気を抜けば感染爆発を起こして、

 医療が崩壊して多くの死者が出てしまいます。

 

 残念ながら、新型コロナウイルスとの戦いは

 ワクチンが完成するまでの長期戦になりそうです

 

 よほどの強靭なリーダーシップを持つリーダー

 がいる国でなければ、大きく影響を受けるかと思います。

 

3.アフターコロナと呼ばれる時代

 

 つまり、これからは従来の生活とは違った

 新しい生活が長く続くことになります

 

 そしてその多くは

 “オンラインで完結する”

 大変便利なサービスばかりなので、

 

 この流れはコロナが収束したとしても、

 もう変えられないでしょう。

 

(人間は一度楽をすると後には戻れません)

 

 実際、スペインではついに

 「ベーシックインカム」と呼ばれる

 最低限の収入を保証する制度が始まるそうです。

 

 これは何年も前から議論されていたことですが、

 

「人間が必要以上に働かない時代」

 がついに始まっていくのかもしれません。

人間が働かない時代

 5G,AI,Iotなど、次世代の技術も

 もう既に始まりはじめています。

 

 とはいえ、日本はいつも動きがおそいので 

 まだ私たちが実感するには時間が掛かるかもしれません。

 

 なので、「世界の流れ」をよく見てみてください

 それは確実に遅れてでも日本にもやってきます。

 

 そして、あなたに出来ることを先に始められれば、

 これからの時代で出遅れることはありません。

 

 まあ、、なにはともあれ、

 健康でいることが一番ですが、、

 

 「なにをすればいいかわからない!」

 という方は、ぜひ

 

 オンラインで収入を得る仕組み

 について何か考えてみてください。

www.hanalifestyles.com

 例えば、簡単なことでいうと

 「Kindle出版」がそうかもしれませんね。

 

 ええ。ハナ野郎もやっていることです。

 

 一度書いた書籍は、半永久的に寝ている時でも

 売れたら勝手にお金が入ってきます。

 

 もちろん、売り上げによりますが、

 それなりに稼いでいる方もいらっしゃいます。

 

 いずれにせよ、

 

 オンラインのサービスにお金を払う人

 はこれからも増えていきます。

www.hanalifestyles.com

 だから、ブログでも、

 KindleでもYoutubeでもいいので、

 

 あなたがオンラインでも働けるようになると

 これからの時代は安心できそうです。

www.hanalifestyles.com

 

 僕自身も多少は動揺しましたが、

 

「はあ~~、時代って

 こうやって変わっていくんだなあ」

 

 と若造なりにポカンと口をあけています。

 

 ぼうっとしていると置いていかれそうなので、

 ハナ野郎も精進したいと思います!

 

 インドばかりに気を取られていては、

 ダメだなあと涙目になる今日この頃、、

 

 不安なことや恐怖を感じることもある日々ですが、

 どうかあなたも前向きに生きられることを願っています。

 

 元気が無ければいつでも

 このブログに遊びにきてくださいね。

 

 そのために今日もブログを書いていますので!

 

 これからも何か役立てられる情報を

 お届けしていこうと思っています。

 

 

 それでは、今回は終わりにしようと思います。

 

 最後まで見てくださり

 ありがとうございました!

 

 

 ちゃお。

 

 

〇こちらの記事もオススメです!

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com