hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

コロナ再燃?ますますオンライン化が進む時代を生き残るための次世代の生き方

コロナウイルス野郎

 

これを書いている現在では、

コロナウイルスの第二波が到来した。

 

そういう風に言われています。

 

まあ、第何波だろうがなんだろうが

世界中に広がった時点でもう取り返しがつかない

状況になっちゃっているのですが、、

 

大切なのは、私たちに出来ることは

何一つとして変わっていないということ

www.hanalifestyles.com

だから、コロナウイルス自体には

「気を付けておく」と決めて後は

忘れておくくらいが丁度いいかもしれません。

 

ただ、こんな世界の状況で、新しい生活様式に

どんどん移行していっている。

 

これは避けられない事実なので、

「新しい社会の在り方」をしっかり受けとめて、

自分は何をしていくのか。

 

これだけは真剣に考えなければいけません。

 

なにより、これまで上手くいっていた仕事が

コロナ野郎のせいで全く上手くいかなくなり、

逆に急成長している会社があるのも事実です。

 

「あなたはこれから何をしていく人ですか?」

これに対して、明確に答えを持っておく。

 

これが大切になるタイミングが、まさに今です。

 

今日はそんな「コロナ野郎」のせいで

変化している時代を生き残るための

次世代の生き方について、少しお話しようと思います。

 

ちぇけらっちょ!

 

 

新型コロナウイルス感染症がもたらした変化

「コロナウイルス野郎」

 

 あの野郎が出現して騒がれるようになって、

 早いことでもう随分と経過しましたね。

新型コロナウイルス野郎

 2020年1月に中国で感染拡大して、

 2月に世界各国。3月には日本でも怪しくなり、

 東京オリンピックの延期。4月に緊急事態宣言が出ました。

 

 なんだかもはや懐かしいですが、

 今これを書いている現在ではまた日本でも、

 というか世界中で感染が急拡大している。

 

 このコロナ騒動によって、人間社会での変化が

 いくつか起こっていますよね。

 

 ・マスクの着用はもはやマナー

 ・気軽に人混みに行けない

 ・三密はどこでも避ける(ソーシャルディスタンス)

 ・大声でしゃべるのが良くない(飛沫)

 ・オンラインで済むことは済ませる

 

 などなど、

 アフターコロナだとか、ウィズコロナなどか

 いわれるこれからの新しい常識として、

 

 急激な変化が起ころうとしているわけです。

 

 というか、考えてみてください。

 こんな社会の生活様式が当たり前になったら、

 

 「コロナ以前」の当たり前がむしろ

 “異常”に思えてきませんか?

 

 知らない人と接近する

 大声で騒いでる混んだ居酒屋で飲む

 マスクせずに人ごみに出かける

 手洗いうがい除菌のない生活

 

 もし、新しい生活様式が当たり前になれば、

 もうコロナ以前は「異常だった時代」としか

 認識されなくなるかもしれません。

 

 ある意味その時を生きた私たちは

 「戦争を経験した人」みたく

 貴重な存在になっていくのかもしれない。。

www.hanalifestyles.com

 とにかく、こんな風に時代は変化しています。

 たくさんの変化がありましたが、

 

 なかでも一番注目すべきは

 「オンライン化が進む」ということです。

 

コロナによる強制的なオンライン化

  コロナウイルス野郎の影響で、

 

 「オンライン」でしかサービスが出来ない。

 

 これが強制的に起こったわけです。

 

 お店が締まっているから、

 お店が営業時間変更したから、

 オンラインでしか買えなかった。

 

 もちろん、飲食店はお持ち帰りなど

 出来る工夫をしましたが、

 

 そのためにオンラインを通すお店や

 サービスも出てきたわけです。(事前予約など)

 

 ともかく、コロナ期間中に誰もが

 「オンライン」を通してお金を使いました。

 

 食事のためでも、買い物のためでも、

 サブスクのためでも、娯楽のためでも。

 

 特にオンラインで「マスク」を買った

 という人はかなり多いでしょう。

 

 ポイントは二つあります。

 

 一つ目は、

 今回のコロナで売り上げが伸びた会社が

 今後ますます力をつけてくるということ。

 

 つまり、オンラインでサービスを提供している

 企業がますます「オンライン化」に乗り出して、

 「オンライン」の快適さが増してくる。

 

 もう一つは、

 

 「オンライン」で買い物やサービスを

 利用したことのなかった人たちが、

 「オンライン」をますます利用するようになる。

 

 一度“楽”を経験してしまったら、

 わざわざ実店舗なんて行かないわけです。

 

 これは市場規模が大きくなることにもなり、

 もう「オンライン化」が爆発的に広がっていく。

オンライン化が急速に進む

 

 オンラインで何かをしている企業や個人に

 どんどんお金が集まってきて、

 そこからまたサービスの質が向上していく。

 

 今はまだ実感しにくいかもしれないけれど、

 これは一年、二年と経てば明確になります。

 

 話が難しく聞こえてしまうかもしれないですね。。

 

 もう、シンプルに行きましょう。

 マンガのワンピースを知っていますか?

  

 「世はまさに、大海賊時代!」

 というのですが。

 

 あれで例えてみましょう。

(しらない人はごめんなさい) 

 

 つまり、

 「世はまさに、大オンライン時代の始まりである」

 

 そういうことですね。

 

オンラインが「顔」になる時代

 

 「名刺」ってありますよね。

 日本のビジネスシーンじゃ当たり前のものです。

 

 この感覚が、遅かれ早かれ

 「オンラインのアカウント」

 に移り変わる時代が来ます。

 

 なにせ、「大オンライン時代」なのですから。。

 

 オンライン上で仕事の話が進んで、

 「じゃあ、どんな人なんですか?」

 という時に見せられるものが必要になります。

 

 これは会社に所属していても、

 していなくてもそうでしょう。

 

 結局、人は人を求めるのですから、

 自分と仕事する人がどんな人なのか?

 

 直接会うことがベストではなくなる時代で、

 オンラインでの「顔」は最低限になってくる。

オンライン上での顔、名刺代わり。

 そんなオンライン上の顔になる、

 SNSアカウントなどの媒体。

 

 これが求められてくるし、

 「下手なこと」は言えなくなりますね。汗

 

 ハナ野郎なんか、こんなブログを書いていては

 会社によっては「アウト」かもしれません。笑

 

 もちろん、業界業種、人の層にあった

 発信や発言がカギになってくるでしょう。

 

 だからこそ、あなたが進みたい業界、

 あなたが得たい実績に応じて、

 

 「オンライン上でどんな顔を 

  作っておくのか?」

 

 いやらしい言い方ですが、

 これが必須になってくるわけです。

 

 インターネットは娯楽として急激に

 たくさんの人に広まってきましたが、

 

 これからは「仕事」しても

 必要なスキル、情報にますますなっていく。

 

 「いやあ、ネットはよくわからなくえねえ」

 という人に仕事が無くなる時代なわけです。

 

 だからこそ、日ごろからいかに

 「オンラインに顔を作っておくか」を  

 考えて、実際に行動する。

 

 これが大切になってくるわけですね。

 

 そして、オフラインの世界と同様に、

  変なことは言えないし、残せない。

 

 こんなオンライン上での

 マナー意識も大切になります

 

 過去のちょっとした過激な発言で

 足をすくわれないためにも。。

 

 つまり、そんな次世代で大切になるのは、

 「オンライン上でパワーを持っておくこと」

 これに尽きるわけです。

 

 今まで「テレビに出ていた人」が

 ただパワーを独占していたのが、

 

 誰でも使えるインターネット上で

 どれだけ影響力を持てるのか。

 

 これが大切になってくる。

 

 もちろん、専門性があれば

 その分野で伸びるだろうし、

 

 誰もが「ヒカキンさん」に

 ならなきゃいけないわけじゃない。

 

 あなたなりの長所や個性の形を

 オンライン上で持っておく。

 

 これが大事になるでしょう。

 

 ある意味、昔はテレビに出れなきゃ 

 得られなかった影響力なわけなので、

 

 誰でも使えるインターネットな分、 

 「平等」になったと言えるかもしれない。

オンラインで影響力を持てるように

  さてさて、そんなわけで、

 あなたもオンラインに親しんで生きましょう。

 

 ハナ野郎もこれからより一層

 オンラインで出しゃばっていくので、

 ぜひお付き合い頂ければ嬉しいです(汗)

 

 ということで、今日はコロナ野郎による

 オンライン化について話してみました。

 

 何かこれを読んでイメージが湧いて、

 「こうしてみようかな」と思ったことがあれば、

 

 ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

 ということで、

 

 

 最後まで見てくださり

 ありがとうございました!

 

 ちゃお。

 

〇この記事もオススメっ

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com