hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【運気】「何をやってもダメな時期」ってある?じゃあ、どうすればいいの?

何をやってもダメダメです。。

 

生きていればやっぱり

そんな時もありますよね。

 

「なんかこう、最近何やってもダメや。

 どうにかしようとしてるんやけどなあ」

 

というような時です。

 

きっと思い当たることが

あなたにもあるでしょう。

 

特に若い頃は「よくない時」の

軌道修正が苦手で、

自暴自棄になりがちかもしれない。

 

そして、年齢にかかわらずに

そういう「ダメな時」はあるでしょう。

 

と、今日はそんな

「何をやってもダメな時期」について

上手く乗り越えるための話をしてみようと思います。

 

チェケラッチョ!

 

ということで

早速始めていきたいのですが、、笑

 

やっぱり、

「何をやってもダメな時期」というのは

あるものだと思いますし、

実際にあってもいいと思います。

 

これは何度かお話ししていますが、

「ピンチこそチャンス」に変える

良いタイミングでもあるからです。

www.hanalifestyles.com

 そうです。ダメな時期というのは、

「良いタイミング」でもあるのです。

 

ですが、ここで注意しなければいけないのは、

「無理やり良くしようとしないこと」です

無理に良くしようと思わないこと



例えばあなたが今泥沼にハマってしまったとして、

脱出しようともがけばもがくほどに

むしろズルズル引き込まれてしまう。

 

そういうことはあります。

 

ハナ野郎も元不登校引きこもりで

うつ病なのかなんなのかわからない

まさに泥沼な精神疾患に悩まされましたが、

 

この時期はもう本当に笑えるくらい

「何をやってもダメ」でした。

 

とはいえ、今振り返ってみれば

良い経験も出来て素晴らしい時期でもありました。

 

ですが、その渦中にある自分自身には

「最低最悪な時期」にしか思えないわけです。

 

人生で最悪な経験をできている

最高に学びになる良い時期だなんて、

その時は絶対思えませんよね。

 

だからこそ、まずはその

「泥沼で足掻くこと」はやめましょう。

 

 

ええ。もう降参してもいいんです。

戦わなくてもいいんです。

 

「負けました。もうどうしようもありません」

と堂々と宣言してください。

上手くいかないなら、負けてみる。降参する。

 

そして、その後はゆっくり過ごしてください。

 

焦ることもなく、不安になることもなく、

ただナマケモノのようにまったり過ごす。

 

こういう気持ちで、何も背負わずに

自分を責めずに過ごしてみるんです。

 

「そうしなければわからないもの」があります。

動きを止めなければ、わからないものがあります。

 

それが見えてきて、これから

どうすれば良いのかわかるまで、

 

どうかじっとしていてください。

 

完全停止が難しい時には、

とにかくゆっくり生きることを心がけてください

 

そのようにして、自然と時間の経過の力で

プカーと浮かび上がるのを待ちましょう。

 

心を沈めようとする力がなくなって、

フラットなゼロの自分に戻っていく。

 

そのことをただ待ちましょう。

 

そして、少しでも余裕ができ始めた時には、

 

ほんのちょっぴりでもいいので、

一ミリだけの背伸びでもいいので、

 

「人の為に時間を使ってください」

自分ではなく人のために時間を使う



そうすることで、

ますます余裕が出てきてしまいます。

 

なぜなら、「自分だけの力」で

頑張る必要がなくなるからです。

 

人間は本来支え合いを前提に

生きてきて進化してきたのですが、

 

今は「お互いのサポート」というのが

限りなくなくなりつつあります。

 

国からもそうですが、

身近な人からもそうです。

 

そんな時代に生きていることを

どこかで覚えておいてください。

 

そうすれば、少しは自分を

責めずに済むようになります。

 

誰かのサポートを受けてもいいし、

誰かのサポートをする時もある。

 

そんな人生をこれからは

生きられると良いですよね。

 

ハナ野郎も少しでも

サポートできるように頑張ります(汗)

 

少し簡単に噛み砕いた話にはなりましたが、

またこういう話もこのブログで扱いますね。

 

ということで、今回は以上です!

 

 

最後までみてくださり

ありがとうございました。

 

 

チャオ

 

 

《追伸》

 

「家族」と仲は良いですか?

別に、必ず仲が良ければいけない

だなんてことはないです。

 

ですが、家族というつながりから

得られる力は実は一番大きいのです。

 

もし、これからの人生を

これまで通りにしたくない。。

 

そんな気持ちが少しでもあれば、

ぜひ僕の本を参考にしてみてくださいね。

(多分、泣けます。笑)

 

www.hanalifestyles.com

 

www.hanalifestyles.com

 

それでは、

良い1日を!!