hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

「完璧主義」から脱却して「自己肯定感」を上げて、明るく前向きに生きる。

 

「今日も一日疲れたなあ」

 

理由もないのに、疲労感を

感じることがないでしょうか。

 

特に日本人は生真面目な国民性なので、

常に気を張ってストレスを感じている人も多い。

 

~なければならない。

 

そんな建前や常識に縛られすぎて、

ある意味完璧主義になってしまう。

 

今日は、そんなあなたへが

少しでも明るく前向きに生きられるような

話をしたいと思います。

 

ということで、早速本題ですが、

 

「完璧主義」は厄介ですよね。

 

上の方でも書きましたが、

~なければならない。

 

こんな自分ルールを肥大化して、

自分の感情や行動を制約してしまう。

 

しかも、無意識にです。

無意識に自分の行動を縛り付ける

これはもはや、自分で自分のことを

縛ってしまっているようなもの。

 

それが毎日、毎月、毎年と

365日ずっと続けば、

 

あなたの才能や長所を生かしきれずに

偽りの自分で生きてしまう。

 

これほど哀しいことは中々ないです。。

 

人間はどうしてこうも

複雑に生きてしまうのでしょう。汗

(ガンダムの誰かが言いそうなセリフ)

 

それは良いんですが、笑

 

とにかく、こういう自分の傾向を知った上で

出来ることをやるしかない。

 

あなたはこのような変な記事を読んで

それを知ろうとしている時点で、

まずは一歩進めている。

 

そう、自分を褒めてください

 

自分を褒める癖をつけることは、

完璧主義な人に必ず必要なことです。

 

www.hanalifestyles.com

完璧な人はいないのにも関わらず、

あなたが完璧でないと自分を褒められなければ

いつまでも自分を自分で褒められない。

 

それどころか、他人に褒められることを

逆に期待しすぎてしまいます

 

それは、客観的に見ると

あまり気持ちイイものじゃないですよね。

 

それからもう一つ大切なのは、

 

「今頭の中でヤバいと思っている感覚は、

 実はただの思い込みなんじゃないのか?」

自分の感情を疑う

と、自分に問うことです。

 

例えばハナ野郎の場合、

「時間」についてこの思い込みが強くて、

 

例え午前10でも正午でも、

「もう時間がない」と思う傾向がありました。

 

そうです。完璧主義が先走りすぎて、

 

なんでもかんでも「ダメ」だとか

「もうない」だとか、

そういった方向で考えてしまう。

 

これを疑うということです。

 

代わりに、「大丈夫」や

「順調だ」と自分に言っている。

 

これくらいが丁度いいかもしれません。

 

僕はインド映画の「きっとうまくいく」

という映画で出てくる

 

All is well

アールイズヴェル(きっとうまくいく)

 

と、自分に言い聞かせるのが好きです。笑

(これは映画をぜひ見てみてください)

 

こんな感じで自分のテンションの上がる

言葉を見つけて言い聞かせてみる。

 

ぜひ、だまされたと思って

試してみてください。

 

そんな小さな行動の積み重ねが

意外と人を変えてしまうことがありますよ!

 

 

それでは、

 

最後までみてくださり

ありがとうございました。

 

 

ちゃお。

 

 

〇この記事もオススメ

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com