hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

他人の目線が気にならなくなる3つのポイント【自由な毎日を引き寄せる】

こんにちは!

ハナです。

 

いつもブログを見てくださり

ありがとうございます。

 

さてさて、

今回はタイトルどおりですが

“他人の目線からの自由”についてです。

 

おそらく日本人の方だと

他人からどう思われているのか?

 

という目線が毎日の中で無意識に

気になってしまいがちですが

とても、もったいないですよね。

 

もしかすると、その時間やエネルギーで

もっと素敵な創作や活動ができるかもしれません。

僕だったらそのエネルギーで執筆します!笑

 

とはいえ、このインド野郎も昔はずっと

他人の目線をビクビク気にしていた男

でした。

 

なので、今回は少しでもお役に立てるように

僕が克服する上で効果のあった3つのポイント

について読んでくださるあなたにシェアしようと思います。

 

それでは、行きますよーー

 

ちぇけらっちょ!

 

1. 自分のビジョンを愛する

 

 もしかすると意外なことかもしれませんが、

 人の目が気になる人というのは

 あまり長いビジョンを持っていない可能性があります。

 

 これは実はちっとも難しくないことなのです。

 なんとなくでもいいので、

 

 自分が1年後、3年後、5年後、10年後に

 どうなっていたいかのイメージをしてみて、

 手帳にでも書き込んでおいてください。

ビジョンを持つ

  スマホの登場により、

  日常に誘惑の多い時代になりました。

 

 だからこそ、決してブレない自分の芯を持つことが

 より一層必要とされる時代にもなったといえると思います

 

 なにより、今回のテーマにある通り

   他人に左右されない自分になる

   上でもとても大切なことです。

 

 自分で自分のビジョンに向かっていれば

 充実感や安心感を感じることができます。

 

 これは今すぐでも出来ることだと思うので、

 一度気持ちのいいカフェにでも入って 

 真剣に考えてあげてください。

 

 ぜひ、自分自身のためにも

 そうしてあげてくださいね。

 

2. 他人が何を考えているのかガン見してみる

 

 実際、あなた自身が誰か数人を

 一日中、観察してみてください

 

 その人がなにを考えているのか?

 あなた自身も考えまくってみてください。

 

 そうすると、

 案外他人は自分のことでいっぱいで

 あまり他人について考えている人はいない

 

 ことがわかると思います。

忙しい人たち

みんな忙しい

 もちろん、全員がそうだとは言いませんが、

 ほとんどがそうだと思っていいです。

 

 他人がなにを考えているのか考えてしまう人というのは

 そういう特技や趣味を持っているだけです。

 

 僕自身、インド人であり物書きなので(インドは無関係)

 人を観察したり心境を創造したりするのは好きです。。笑

 職業病なのかもしれませんが、嫌いじゃありません。

 

 なので、他人の目線が気になる方が

 僕みたいな人を見かけたら近寄らないでください。笑

 いえ、やっぱり寂しいのでやめて欲しいんですけど、、

 

  自分の認識と他人の認識は

  食い違っていることが多いですよ!

 

 3. 相手の〇〇をイメージする

 最後に、3つ目として

 あなたに意識して欲しいことがあります。

 

  他人の心を想像する

  イメージを持つことです。

 

 何が言いたいのかというと、

 他人の目線を色々考えてしまう前に

 相手のことを想像してあげてください。

 

 相手が考えていること、不安なこと、

  悩んでいること、やりたいこと。

 

  人間なのでたくさんあると思います。

相手の心を想像する

相手の心を想像する

 今は不機嫌な人にも、この人の全てが今じゃなくて

 たまたま忙しくてこうなっているだけなんだ。

 

 ずっとこうやって生きてきて大変なんだろうなあ。

 

 と、相手を気遣う目線をいつでも取り出せる

 そんな訓練をしてみてください。

 

 日常で誰かの感情的な態度が気になって

 それで自分のことが手につかなくなってしまっても

 そこで一歩相手の心をイメージする視点です。

 

 これはテクニックなので身につくことですが

 おそらく練習をすることが必要です。

 

 ですが、

 おそらくこれを読んでくださっているあなたは

 とても優しい人だと思うのできっとできると思います。

  

 ですので、自分がどう思われるかではなく

 相手がなにを考えているのか想像してあげられる人

 でいてあげてください。

 

 今回の記事は以上になります。

 ぜひ、少しでも参考にしていただければ

 僕も嬉しいです。

 

 それでは、

  最後までご覧くださり

  ありがとうございました!

 

 

 にゃー。

 

☆こちらもおススメです!

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com