hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【自己啓発】人間は自分に甘い。弱い。だからこそ、気をつけるべきこと。

自分に甘い人。

 

そんな人はいくらでもいます。

 

「あ、これやりたなー」

「これ食べたい。買う」

 

なんでもいいですけど、

身近でいうと、物欲が爆発しちゃう。

 

食べたい物は食べたいし、

買いたいものは買いたい。

 

「自分に甘すぎる」

 

あなたも身近に見たことあるかもしれないし、

あなた自身がそうかもしれないですが、

 

どれだけ実績のある素晴らしい人で

どれだけお金持ちの人だとしても、

 

このようなスタンスで人生を生きていると

必ずドカンと嫌なことや不幸がやってくる

 

これはある意味、

人間に課せられた自然界のルールで、

 

「自分のことばかり考えるな!」

自然界?神様?から言われているみたいですよね。

 

そうです。だけど、人間は自分に甘いものだし、

欲求に耐えがたく、弱い脆いものです。

 

逆に、自分に甘くなく厳しすぎるのも

それはそれで問題だけれど、

 

それでも、

「自分に甘い」よりは良い。

 

今日はそんな自分に甘い人へ

気をつけた方がいいこと。

 

そんな話をしたいと思います。

 

それでは、

ちぇけらっちょ!

 

 

「自分に甘い」ってどんな状態?

 自分に甘い人。

 

 こう言われて、イメージが浮かばない人は

 なかなかいないかと思う。

 

 「あー、あの友達がまさにそうだな」

 「うちの妹がドンピシャでそうだ」

 

 などなど、

 具体的に誰かを思い出すかもしれない。

 

 要するに、

 

 自己コントロールが下手くそで、

 欲望のままに動いてしまう。

 

 カンタンにいうと、そんな感じですよね。

 

 まず、自分へムチを打つことをあまりしないし、

 むしろそんな「キツイこと」が嫌で仕方ない。

 

 「どうして我慢しなきゃいけないの?」

 「そんなんで楽しいわけないじゃん」

 「人生一度きりなのに、意味無くない?」

 

 そんな怒涛の反論が飛んできそうだけど、

 確かに強制することは出来ない。

 

 「自分に甘い」というのも一つの

 生き方の選択としてはあると思う。

 

 長生きして幸せに過ごしていくよりも、

 その瞬間瞬間を大切にしたい。

 

 そういう人も居ていいし、 

 それを貫いている人はカッコイイ。

 

 だけど、「自分に甘いこと」で

 時に後悔することは必ずある。 

自分に甘くて後悔することはある

 

 「あー、、食べすぎで太った。なえぽよ」

 「今月お金使いすぎた。ヤバイかも」

 

 など、やりすぎたことで後悔して、

 「やらなきゃよかった」となるのであれば、

 

 それはただの自分に甘い人だ。

 

 先のことがイメージできず、

 計画をするのが苦手なだけ。

 

 これを勘違いしてしまうと、

 永遠に「後悔」ばかりしてしまう。

 

 若いときの後悔は痛くない。

 まだ、いくらでも取り戻せるから。

 

 元気もあり、健康も悪くなく、

 周りに人もそれなりにいて、時間もある。

 

 だけど、歳を取る度に甘い自分に

 強く後悔することになる。

 

 人間は他の動物より賢いわけなので、

 「計算」したり、「計画」したり、

 出来ることはありますよね。

自分に甘くて自分との約束を守れない。

 「自分に甘い」ことで起きてしまう

 ハナ野郎的に「痛いこと」だと思うのは、

 

   自分との約束を守れなくなること。

 

 これは物凄く打撃だし、ヤバイ。

 心底そう思います。本当に。

 

 「自分との約束ってなに?」

 という感じなのでお伝えすると、

 

 「自分が決めたルール」や

 「自分がやると決めたこと」です。

 

 例えば、

 「よし、ダイエットする。3キロ痩せる」 

 と決意して食事を制限して頑張っていても、

 

 「今日くらいはいいかな。。」

 と自分の決めたルールを破ってしまう。

 

 「朝早く起きるぞ」と決めたのに、

 数日後に、「やっぱり無理そう」と

 諦めてしまう。

 

 これは「自分との約束」を破っているし、

 自分を裏切っていることになる。

 

 そうすると、潜在意識には

 「自分は目標を達成できない」

 というイメージが沁み込んでいくし、

 

 何をやろうとしたとしても、

 「どうせ途中で無理」と無意識に

 逃げ道を用意してしまえる。

 

 こんな生き方では、

 

 “自信”なんて付いてこないし、

 すぐに諦める癖がついてしまう。

逃げてばかりじゃ自信がつかず諦めてしまう

 これは「自分に甘いこと」よりも

 恐ろしいことだし、人生を無駄にしかねない。

 

 人生を大きく変えていきたい人にとって、

 「自分との約束を守る」ことは基本で、

 

 自己実現をしている人はそれを継続している。

 

 だけど、逃げ癖の原因になる「甘さ」が

 先の人生の大きな損に繋がっている。

 

 ある意味、「自分はもうこのままでいいんです」

 と宣言しているようなもので、

 

 「いつか後悔しても仕方ないです。

  全部自分のせいだから」

 

 と自分に対して約束してしまっている。

 

 こういうことにもなってしまいます。

 

人間は弱い。逃げ道を探してしまう。

 なんだか絶望的な話になってきましたが、、

 やっぱり気をつけたいことですよね。

 

 だけど、

 「どうすればいいのか?」

 考えてみれば、やれることはたくさんあります。

 

 ・人に宣言して監視してもらう

 ・自分への罰則を用意する

 ・誰かにお金を預けてしまう(破ったらそのままあげる)

 ・SNSで毎日状況をアップする

 ・ブログで毎日状況を書いてみる

 ・「大切な誰かのために」にフォーカスする仕組みづくり

 

 などなど、やれないわけでもないと。

 

 これは冷静に考えて、自分を知れば

 案外回避できることです。

 

 だからこそ、大切なのは

 

   自分は弱いから、

   つい逃げ道を探してしまう

 

 このことについて本気で自覚して、

 とことん思い知ってみる。

 

 何かにつけて、

 「いや、自分は甘いからやばいぞ」

 と思えるまで考え続ける。

 

 一度これを本気でやってしまえば、

 その後の人生が自動的に楽になります

 

 何をする時にも無意識に考えられるからです。

 

 そして、なにより

 

 やらかすことはないから、

 後悔をすることもない。

 

 毎日、小さな後悔はあれど

 大きく後悔することもない。

 

 この状態は幸せなだと思います。

 

 ただ、一つだけ注意点として

 

「時には、そんな自分を許すこと」

 

 も大切になってくる。

 

 なにせ、人間は完璧でいられはしないし、

 完璧でい続けることは出来ないわけです。

 

 自分に厳しくしすぎたなと思ったら、

 後悔のない範囲で自分に優しくすることも大切。

 

 例えば、ダイエットのために食事制限を頑張れたら、

 「よし、今月達成したから欲しかったバッグ買おう」

  

 などなど、食事ではない方向で欲求を満たしてみる

 こういう工夫は大切になります。

 

 なにより、我慢だけが人生ではないし、

 自分の欲求を満たしてあげることも大切。

自分を大切に満たしてあげることも必要

 

 ハナ野郎であれば、

 「インドに行く」ことはなによりのご褒美だし、

 

 コロナで無理だ!というならインド料理を食べる。

 これでもそれなりに満たされます。(最高です)

 

 ええ。僕もブログ更新を続けていますし、 

 そろそろまたインド料理屋を開拓してきます。笑

 

 と、こんな感じであなたも生きてみましょう。

 何事もバランス感覚が大切ですよね。

 

 ということで、

 今回はそんな「自分に甘い」についてでした。

 

 ぜひ参考にしてみてくださいっ

 

 

 最後までみてくださり 

 ありがとうございました。

 

 

 ちゃお。

 

 

○この記事もおすすめです

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com