hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

ダラダラしちゃってタスクが進まない時に脳内をリセットする3つの方法

つい、ダラダラしちゃう。

 

大抵の人によくあることかもしれない。

 

今はテレビもあるしスマホもあるし、

ダラダラ出来るお供なんていくらでもあるわけで、

 

それ以上に自己管理をしなければ、

人間は楽な方に流されてしまう。

 

これは仕方ないことでもあります。

 

だけど、日によってはやらなければいけない

「タスク」があるのについダラけちゃって、

時間があっという間に過ぎてしまい、

 

「やばい、、もうこんな時間だ、、」

と夜になって焦ってしまう。

 

誰でも一度くらいこんな経験が

あるかもしれませんね。

(僕も学生の頃はいつもそうでした、、)

 

今日はそんな「ダラダラしちゃう時」に

脳内をリセットする方法を3つご紹介します。

 

それでは、

ちぇけらっちょ!

 

 

ダラダラしちゃう時の頭の中って?

 

 人間の脳には3つの領域があるそうで、

 人間が進化するごとに脳も発達していったわけです。

 

 爬虫類脳

 哺乳類脳

 人間脳

 

 と、こんな感じに分かれるのですが、

 人がダラダラしちゃう時というのは

 

 爬虫類脳の状態になっているんですね。

 

 人間には「楽をしたい」「欲求を満たしたい」

 という本能がありますが、これは哺乳類脳の仕業なんです。

 

 もちろん、こんな働きも生きるためには無くては

 いけないものなので、ダメという話じゃないけれど、

 

 うまくコントロールをしていかないと

 大変なことになりますよね。

 

 お金を全部使い果たしたり、

 時間を使い果たしたり。。

 

 まずは、ダラダラしちゃう時には

 自分がダラダラしていることを認識する

ダラダラしている自分を認識する

 これも大切なことです。

 

ダラダラを回避するためにできること1

 

 今日は“科学的”というより、

 あえて“実践的”な内容になります。

 

 結果、科学的なことなのかもしれませんが、

 

 ハナ野郎は脳科学をマスターしている博士でも

 なんでもないただのインド人なので、

 あなたと同じ目線に立ってお伝えしますね。

 

 経験上、脳内リセットができる

 それなりに再現性のあることです。

 

 さて、三つあります。

 

 一つ目は、

 「運動」です。

 

 これは誰でも知っていることですし、

 予想が付くことだと思います。

 

 心拍数を高める運動であればあるほど、

 脳内にあったことは吹き飛びますし、

 

「よっしゃ、やってやるぞ!」モードになれて、

 どんどん為になることをやりたくなる。

運動でダラダラを吹き飛ばす

 これは運動が好きな人ほどよくわかっていて、

 だけど「面倒だから」「家だから」と

 ただやっていないだけなのです。

 

 ただ、やればモードが変わるので

 ぜひダラダラする前に運動してください。

 

 今は家でも運動できる器具やアイデアが

 溢れるほどありますので。。

 

 特にYoutubeには「おうち時間動画」が

 たくさん上がっているのでオススメです。

 

 ハナ野郎は家庭用のトランポリンがあるので

 いつも白目むいてぴょんぴょん飛んでます。

 

ダラダラを回避するためにできること2

 さて、どんどん行きましょう!(突然のハイテンション)

 

 二つ目に出来ることとして、

 「瞑想」があります。

 

 これは色々とやり方があるのですが、

 

 「とにかく死ぬほどリラックス」

 ができるのならなんでもいいんです。

 

 一応、やり方としては目を瞑って 

 あぐらをかいて、全身の力を抜く。

 

 周囲の音が気になるなら

 耳栓を使ってもいいです。

 

 ゆっくり呼吸をして、吸う時よりも

 吐く息をとにかく長くする。

瞑想する

 こんなやり方でも良いですし、

 ハナ野郎はお風呂でYoutubeのヒーリングBGM

 を流しながら、湯船に浸かって目を閉じる。

 

 これが最高にリラックスできて好きです。

 

 あとは3万円で買ったmuse2という脳波計を

 持っているので、それを使って瞑想しています。

 

 瞑想に関しては過去に記事を書いたので

 良ければ参考にしてみてくださいね。

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

ダラダラを回避するためにできること3

 

 さてさて、三つ目です。

 

 他にも色々あるかと思いますが、

 個人的には最強の方法で、

 

「感動する」ということがあります。

 

 これを見てくれているあなたは

 きっと良い人だと思うので

 

「感動したことない」ということは

 おそらくないと思います。

 

 大抵の人は、一度くらいは映画やドラマなど

 好きな物語ですごく感動して、

 

 その後しばらく頭から離れない。

 そんな経験をしたことがあるんじゃないでしょうか。

 

 これは何も映画を見るだけではなくて、

 「人とのコミュニケーション」でも感動できますし、

 

 むしろ、

 

「人と感動できるコミュニケーション」

 ができる人は最強です。

人と感動できるコミュニケーションをとる

 コミュニケーション自体にお金は掛かりませんし、 

 あなた次第では深く深く感動できます

 

 だからこそ、

 「日常でいかに感動できる環境があるか」

 これにフォーカスしてみてください。

 

 ハナ野郎の場合、彼女と一緒に住んでいますし

 月一のミーティングではお互い涙を流してしまうくらい

 深く深く語り合うこともあります。

 

 それから、好きな映画で

 「きっとうまくいく」というインド映画があるのですが、

 これまためちゃめちゃ感動するので

 

 繰り返し何度も見ますし、

 その度にえもいわれぬモチベーションが

 ドカンとやってきて、

 

「ダラダラなんかしちゃいられねえ!」

 と一気にスイッチが入る。

 

 だから、なんでもいいので、

 「あなたにとってめちゃめちゃ感動すること」

 が何かを知っておくこと。

 

 そして、

 そんな感動に触れられる仕組みを

 毎日の中で作っておくこと。

 

 これを大切にしてみてください。

 

 人とのコミュニケーションも、映画も、

 そこまでお金の掛かることでもないので。

 

 ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

 それでは、

 

 最後までみてくださり

 ありがとうございました。

 

 

 ちゃお。

 

 

○この記事もオススメっ

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com