hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【引き寄せの法則】朝の過ごし方を大切にして、朝やるべきたった一つのことは?

朝はダラダラ過ごしちゃいます。

 

そんな人は多いだろうし、

ハナ野郎もそうだった。

 

というか、あまりにも朝が苦手すぎて

毎日朝になる度に気持ちが沈みました。

 

「はあー、朝かあ。イヤだなあ」

 

そんな気持ちで時計を見ては

とりあえず二度寝、三度寝する。

 

そうして少しずつ朝を誤魔化していく。

そんな思考回路だった。

 

だけど、人生を思い通りに生きている、

大きな大きな目標を達成できる人ほど、

 

「朝」を大事にしているのも事実。

 

これはひと昔前まで、

一番目を向けたくないことだった。

 

今日はそんな朝が苦手な人へ向けて

「朝の過ごし方と朝やるべき一つのこと」

について話してみます。

 

ちぇけらっちょ!

 

 

朝はやっぱり“未来”の象徴?

 「朝」って何時のことでしょう?

 

 あなたにはどんなイメージがあるでしょうか。

 

 僕は、5時~10時くらいは

 朝なのかなあと思ってます。

 

 まあ、何時だっていいのですが、、

 

 ともかく、朝っていう時間帯は

 誰にでも存在する。

 

 夜の仕事をしていて、

 朝の時間帯は毎日寝てます。

 

 そんな人にとっては違うけれど、

 

 朝の時間帯使っていないだけで

 朝がなくなるわけじゃない。

 

 人間は太陽のリズムに従っているし、

 人間社会もそのリズム通りに動いてる。

 

 だからこそ、朝には朝なりの意味があって、

 朝らしさがあって、朝の価値がある。

 

 さっきから“朝、朝”うるせえ

 という感じだけど、、

 

 「朝は未来の象徴だ」

朝は未来の象徴

 多くの人にとって、これは事実かと思う。

 

 なぜなら、多くの人は朝に起床して

 夜になってようやく寝るからだ。

 

 人生は赤ちゃんとして始まって、

 とあるタイミングで永眠に付く。

 

 それが人間の本質でもあって、 

 

 「人生」を「一日」に例えると

 やっぱり、朝は始まりだから。

 

 始まりだからこそ、

 まだまだ未来が残っている。

 

 まるで赤ちゃんの未来を楽しみに

 見守る家族親戚みたいに、

 

 朝起きた自分のこれからの時間を

 楽しみに見つめてみる。

 

 これは、きっと本質的に

 大切なことだと思う。

 

 生まれる前の意識はなくて、

 死んだ後の意識が無くなるように、

 

 起床する前の意識はなくて、

 眠った後の意識はないから。

 

 だけど、そんな始まったばかりの

 朝の時間をおざなりに過ごして、

 

 朝をネガティブに

 後ろ向きに過ごすとどうだろう。

 

 その後の時間が最高になることはなくて、

 大抵はそのまま晴れない気持ちを抱えている。

 

 そして、現実逃避をするように

 目の前の楽しいことばかりに走ってしまう

 

朝を大切にするということ

 だからこそ、

 

 朝を大切にするのは

 未来を大切にしようとすること

朝を大切にするのは未来を大切にすること

 こういう風にも言える。

 

 まだ、一日の24時間という

 限られた時間は残されていて、

 

 これからどう使っていくのか

 ある程度選択ができる。

 

 そのためのイメージをしたり、

 計画を立てたり、整理をしたり。

 

 一日が始まったばかりだからこそ、

 まだまだ未来の時間が大切にできる。

 

 自分の欲望のままに人生を生きて、

 30代、40代、50代と歳を重ねて、

 

 後になって後悔をする。

 

 朝ダラダラ過ごしてしまって、

 計画なく時間を使って、

 

 夜になって後悔をする。

 

 こんなことは誰にでもあるけれど、

 前者の方では後悔しても遅い。

 

 返って来ない1日は挽回できても、

 もう返って来ない何十年は流石に手遅れだ。

 

 だからこそ、朝を大切にして、

 一日を大切に出来ること。

 

 それが、未来を大切にして、

 人生を大切にすることになる。 

 

 こんなイメージを持って朝を過ごすと、

 あなたの人生はどうなるだろうか?

 

朝の過ごし方を決める

 朝の過ごし方は無限にあるし、

 朝の過ごし方に答えはない。

 

 とはいっても、社会には既に

 たくさんの情報がありますよね。

 

 書籍、ブログ、動画、SNS。

 

 いたるところから情報を知れるし、

 いたるところから仕入れができる。

 

 だけど、何を選ぶかはあなたが

 

 「これなら、最高な朝だ!」

 そう心から感じられる選択が全てだ。

最高な朝だといえる過ごし方を

 なにより、朝になって自然に目が覚めて、

 

 「よっしゃ、朝がきましたぜ」

 そう思える過ごし方を決めておく。

 

 人によっては、

 「朝はハーブティー」を飲むし、

 「朝はコーヒー」を飲む。

 

 ただ水をゴクゴク飲む人もいる。

 

 これは好みの差で、トキメキの違い。

 それから、体質の違い。

 何が合って、合わないのかの違い。

 

 こういう風に考えてみてください。

 

 まずは、

 「どうすれば最高な朝にできるだろう?」

 

 こう考えてみて、出てきたアイデアを

 素直に実践してみる。

 

 これから始めてみましょうっ

 

朝にやるべきたった一つのこと

 とはいえ、、

 

 「いや、何すればいいんや!」

 状態の人もいるかもしれない。。

 

 ということでハナ野郎から

 一つだけ提案をします。

 

 これさえ押さえておけば、

 朝はきっと大丈夫です。

 

 というのは、

 

「未来の理想と現状を確認して、

 そのギャップを埋めることを考える」

理想と現状のギャップを埋めること

 ただこれだけです。

 

 言っていることはとてもシンプルで、

 だけど、「多くの人がやらない」こと。

 

 例えば、起業してみたいけど

 何をすればいいかわからない。

 

 こういうことなら、

 

 ・「社長」や「ビジネスオーナー」に

 連絡をしてみる。

 

 ・経済の勉強、お金の知識を身に付ける。

 

 ・自分が持っているスキルを磨く。

 

 などなど、今目の前の一日でも

 出来ることはあるわけです。

 

 確かに、最初は途方もない道のりに

 見えるかもしれないですが、

 

 やっぱり、そのギャップを埋めるために

 「できること」はたくさんある。

 

 そして、未来の象徴でもある

 “朝”にこれをイメージするだけで、

 

 一日の中でやる時間に気づけるし、

 具体的であれば勝手にやっちゃう。

 

 そして、未来はそんな

 「起業する」方向へと

 少しずつシフトしていく。

 

 逆に、未来の理想も今出来ることも

 何も考えずになんとなく過ごす。

 

 こんな朝の過ごし方の先の未来は、

 

 「なんとなく過ごしてしまった過去」

 しか何も残らない。

 

 

 しかも、一番怖いのは、

 

 なんとなく過ごしても、今後も

 なんとかなる国で生きているのか?

 

 このことが、強烈で残酷な

 事実として襲ってくる。

 

 未来のことは誰もわからないからこそ、

 未来を良くする工夫が必要。

 

 ハナ野郎はそう考えています。

 

朝、未来を引き寄せる

 なんだか怖い話になりましたが、、

 

 でも、全部目の前に見える事実です。

 

 誰でも少し考えればわかることで、

 多くの人は注目しようとはしない。

 

 だからこそ、こんなブログを見ている

 真面目なあなたにはやって欲しい。

 もっと考えてみて欲しい。

 

 そういう風に思うんです。

 

 「なんとなく、過ごしちゃう」

 

 こんな私たちだからこそ、

 向き合っておきたいこと。

www.hanalifestyles.com

 潜在意識を書きかえて、

 理想の未来に向かって進もうとする。

 

 なにも、“理想”は高く見なくてもいいし、

 最初はちょっとしたことでもいい。

 

 「どうすれば最高な一日になるかな?」

 「将来はどっちの方向に進みたいかな?」

 「結婚はしたいかな、しなくてもいいかな。

  じゃあ、なにをしたいんだろう?」

 

 なんでもいいわけです。

 自由に選べるわけです。

 

 だからこそ、

 「ちょっと考えておく」

 この努力だけはやりましょう。

 

 多くの人が見落として、見落とし続けて、

 後悔してしまうことなのですから。

 

 

  自分が老いて、親が亡くなって、

  身の回りの人も亡くなって、

 

  それでも幸せだったと言える

  人生を生きていくために。

自分が死ぬとき幸せだったといえる人生を

 

 こんなイメージが、

 幸せを引き寄せてきます。

 

 朝が未来を引き寄せる。

 

 ぜひ、自分を信じてみてくださいね。

 

 こんなハナ野郎のブログが

 あなたの支えになれば嬉しいです。

 

 

 

 最後までみてくださり

 ありがとうございました。

 

 

 

 ちゃおっ

 

 

〇この記事もオススメっ

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com