hanalifestyle

~元不登校引きこもりが世界を旅する小説家を引き寄せるまでの話~

【ハナのひとりごと】過去の自分にとってカッコいい自分でいる!!

こんにちは!

ハナです。

 

いつもブログを見てくださり

ありがとうございます。

 

今回は、

『ハナのひとりごと』

のシリーズです。

 

このシリーズでは、

 

「僕自身が自分に語りかけることで、

 より良い未来に進むこと」

 

を主な目的にしています。

 

そして、せっかくなので、

 

「これを読んでくださるあなたとも

一緒に成長できる機会にしたい!」

 

そんな想いで執筆しています。笑

 

ですので、

文章自体は読者のあなたに

お話する形式で進めていきます。

 

もし、ハナやろうに対して、

 

「仕方ないから一緒にみてやるぜ!」

「ハナさん、素敵!カッコいい!」

「自分も成長したいっす!インドいきたいっす!」

 

などなど、

 

何か思うところがあれば、

シリーズを愛読してくださると嬉しいです

 

もちろん、

「ハナやろうなんて知らねえ!

 記事が読みたいだけだ!」

 

という方も当然大歓迎です。

もう、抱きついちゃう勢いで歓迎します。

 

それでは、

始めていきましょうー!

1.過去の自分はどうだった?

 僕の過去はさんざんでした。

 

「意地っ張り」

「プライドが無駄に高い」

「素直じゃない」

「完璧主義」

「口だけ立派で行動が伴わない」

 

 もう、言い出せばキリがないです。

 ただコミュ力もないキモイやつでした

 

 そして、

 

 受験に落ちたり、失恋したり、

 周りに優秀な人が増えたり、

 身内が無くなったり、

 家庭が崩壊したり、

 

 きっと様々な原因が重なったせいか、

 僕の心は少しずつ病んでいきました。

 

 不登校になり、引きこもりになり、

 自分の存在を消したいと思いました。

www.hanalifestyles.com

 ただ、色々なことがありながらも

 僕は次第に前を向き始めました。

 

 思い切って上京し、小説を書き始めて、

 そうして自分を変えるために、

 

 新しい人生へ進むことを決意しました

 

f:id:hanalifestyle:20191119233639p:plain

 

 僕は20歳になる誕生日を

  一人きりで部屋に座って、

  時計を見つめながら迎えました。

 

 最初は十五分前の、23時45分でした。

 時計の秒針は、じわじわと回ります。

 

 一周して、二週して、三週する。

 

 秒針は僕の焦りをあざ笑うかのように 

 迷わず進んでいきます。

 

 そしてもう十二時になるかという時、

 僕はただ黙って目を閉じました。

 

  歳を取ることの重みを感じました。

 

 何も聞こえない部屋で、

 過去のことが頭をよぎります。

 

 「どうして、僕は学校へ行けなくなったのか?」

 

 「これから人生で本当にやりたいことはなんなのか?」

 

 「何のために上京し、小説を書いているのか?」

 

 様々な自問自答が、胸の中を駆け巡りました。

 

 そうして目を開けると、

 時計は十二時を指していました。

 

 それから、僕は、

 

「あぁ。もう二度と、

 十代の時間は戻ってこない」

 

 そんなことを思いました。

 人生の思い出が走馬灯のように蘇りました。

 瞼の裏がちょっぴり滲みました。

 

 そして、十代の何ものにも

 変えられない大切な記憶に別れを告げて、

 

 僕は前に進むと胸に誓いました。

 

 翌年、成人の日には成人式に参加せず、

 一人で日光・鬼怒川にひとり旅をしました。

www.hanalifestyles.com

2.未来はどんな自分でいたいかな?

 それから旅に取り付かれた僕は、

 世界を旅するようになりました。

 

 イタリア、インド、ハワイ、

 中国と様々な国を訪れました。

 

 その中で一番インパクトがあったのは、 

 やっぱりインドでした。

www.hanalifestyles.com

   そして、

「今の自分が本当に恵まれていること」

 を感じた僕は、

 

「自分がやれることは、

 とことんやり抜こう!」

 と決意しました。

 

 今日の自分が「めんどくさいから」

 と先送りにしたことでも、

 

 世界のどこかではチャンスもなく

 ただ死んでしまった人がいる。

 

 そんな現実を目の当たりにしたからです。

 

 自分がやりたいと思うこと。

 成し遂げないと思うこと。

 

 心から本気で願うことは、

  何がなんでも実現しよう。

 

 そう思わせてくれました。

 

 これは理屈ではなくて、

 感じることが出来たからこその

 エネルギー源でした。

 

 いくら、頭でこねくり回して考えたことや

 なんとなく心で思ったことより、

 

 何倍も、何十倍も

 大きな想いになりました。

 大切な気づきになりました。

 

  そして、僕の夢が一つ増えました。

 

   自分が理想を実現できるオトコになって

 

   いつか、インドの子供たちの力になりたい。

   恵まれない子供たちの夢を叶える手伝いをしたい。

f:id:hanalifestyle:20190729233217j:plain

 

 そういう自分になることが出来たら、

 めっちゃカッコよくない?

 

 そんな自分がいるのにも気づきました。

 そう考えるとワクワクしました。

 

 そして、

「そんな自分になることこそ、

 人生を通してやりたいことだ!」

 

 と気づくことができました。

 

 なにより、

 

 最高にハートフルなことだし、

 より多くの人を幸せにできる。

 

 僕にとって、

 すごく幸せなことでした。

3.過去の自分のために何ができるのか?

 人の数だけ歴史があって、

 人の数だけ想いがあります。

 

 きっと、あなたも忘れているだけで、

 心から何かを願ったことはあると思います。

 

 もちろん、

 まさに今望んでいること

 もあるかもしれません。

 

「じゃあ、そんな自分のために

 一体何が出来るだろう?」

 

 一度、時間をとって考えてみてください。

 僕もまだまだ考えてみます。

 

 人によっては、

「海外へ旅に行くこと」

 かもしれませんし、

 

「結婚をすること」

 かもしれません。

「若い頃の夢を叶えること」

 かもしれません。

 

 また人によっては、

「家族を大切にすること」

 かもしれません。

 

 それは自分にしかわかりません。

 

 そして、 

 “そのために出来ること”

 いくつかあると思います。

 

 僕にとっては、

 このブログがそうですし、 

 小説を書くこともそうです

 

 インドに行くこともそうです。

(インド愛が強すぎて

 文字がでかくなっちゃいました、、)

 

 過去の僕に嘘をつかないために。

 彼が安心して、未来に希望を持てるように

f:id:hanalifestyle:20191224131654j:plain

  これからも、

 日々を楽しみたいと思います!

 

 そんなわけで、

 今回の記事は以上になります。

 

 相変わらずインド好きな変なやつが、 

 熱くるしいくらい語っていましたが。。

 

 少しでもあなたの刺激や

 気づきになれば嬉しいです

 

 僕がこうして前に進めるのも、

 読者のあなたの支えのおかげです!

 

  最後まで見てくださり、

  ありがとうございました!

 

〇こちらの記事もおススメです!

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com