hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【テレワーク】やっぱり空間ってメチャメチャ大事だ。

シェアハウスに住んでいた時は一人部屋でした。

 

一人一人に部屋があって、

共有のリビングがいくつかある環境です。

 

「おいおい、いきなり何の話だよ!」

っていう感じだけど、

 

今日は“空間”の大切さについて話してみたい。

 

というのも、

ハナ野郎は先日、シェアハウスから卒業して

彼女との同棲生活をスタートしました。

 

www.hanalifestyles.com

【シェアハウスの実態についてはこちらをどうぞ】

www.hanalifestyles.com

そもそも、シェアハウスに入居したのも

その空間の大きさや数からだったけど、

 

やっぱり人が多いと集中出来なくて

結果的にそこにメリットはなかった。(個人的には)

 

そして、今は2DKに引っ越してから

明らかに生活の質が上がった。

 

今日はそんな話です。

(ただのハナ野郎のプライベートな話です)

 

ちぇけらっちょ!

 

 

寝・食・快・怠・考・動スペース問題

 

 「なんだよ!お経かよっ!」

 って感じですよね。笑

 

 これは特に意味はなくて、

 ただ今思いついた感じを書いただけ。

 

 っていっても、私たちは生きている以上は

 色々な時間を過ごしていますよね。

 

 寝る時間

 食事の時間

 快楽の時間(こう書くとヤラシイ笑)

 怠けている時間(だらだら)

 考えている時間(仕事など)

 運動している時間

 

 本当に書き出してみるとキリがないくらい

 いろいろな時間を過ごしていたりする。

f:id:hanalifestyle:20200528091235j:plain

 だけど、これを一つの部屋で行うことは

 さすがに無理がある。

 

 だって、

 寝ている時の場所、食事をしている時の場所、

 だらだらしている時の場所、遊んでいる時の場所で、

 

 ずっと勉強や仕事をやり続けられるか?

 っていうと、ちょっと無理がある。

 

 人によっては切り替え上手で、

 あんまり空間に左右されない人もいるかもしれないけど、

 

 ハナ野郎の場合はそんなことはなかった。

 

 一度空間に対するイメージが決まってしまうと

 そのイメージが何をしてても無意識に入り込んでくる。

 

 一度作業に集中していたとしても、

 集中が切れたタイミングでおかしなことを考えだして、

 

 「あれ、そういえばあれやりたかったな」

 「小腹すいたからなんか買いにいくか」

 「そろそろインド人の動画でもみようかな」

 

 という風に、欲求に忠実な自分がいたりする。

www.hanalifestyles.com

 

 ましてや、前にも書いたけど、(↑の記事)

 家に両親や子供、奥さんがいる状況だと

 難易度がかなり跳ね上がるだろう。。

 

 自分一人の専用の部屋があったらいいけど、

 全員がそういうわけじゃない状況で

 テレワークになったわけだもの。

 

 ということで、ハナやろう自身、

 今回の引越しを機に“空間について”本気で考えました。

 

 これほど空間について考えたことはない!!

 というくらい本気で(汗)

 

人生で初めて自分が使える3つの部屋

 

 さっきもお伝えしたように、

 引越し先は2DKの物件。

 

 今の所は二人で暮らすにはちょうどいい印象です。 

 

 僕はあまり部屋が多すぎたり大きすぎたりすると、

 

 「あれ、この部屋大丈夫かな、、」

 となるビビりなので、2DKくらいがかなりしっくりくる。

 

 今でも一応帰るたびに、

 

 「おい、そこにいるのは誰だ!」

 だなんてふざけながら全部の部屋を見てます(キモい)

 

 そんなことはいいのだけど、、

 2DKは3つの部屋がある。

 

 正確にいうと、トイレやお風呂、廊下、

 襖の中(ドラえもん部屋)、バルコニーなど

 

 他にも空間?はあるわけです。

 

 ともかく、今までは自分の部屋一つ、

 住んでるフロアに共有のトイレ、シャワー、

 共有のリビング、キッチンなどがあっただけで、

 

 空間として自由に使えるのは少なかった。

 シェアハウスのメリットは意外とそこじゃなかったけど、

 

 部屋を借りて住んでしまえば

 全てが自分の空間なわけですね。

 

 僕の場合は彼女も一緒に住んでいるので

 正確にはそうじゃないけど、

 

 今の所仲良くできているので

 感覚的にはもう一人みたいな感じ。(意味不明)

 

 おっと、、

 ともかく!

 

 ともかく、人生で初めて3つの部屋が

 もっと多くの空間が自分だけで使える。

自由に使える空間

 実家暮らしでは四人(あと愛犬)で使っていたので、

 3LDKでも狭く感じたし、

 

 自分の部屋も親が勝手に入ってきたりするから、

 あんまり自由に使える感じはしない。

 

 一人暮らし時代も広めのキッチンと部屋一つ。

 そんな学生生活だったから、

 

 確かに空間は自由に使えるからいいけど、 

 さっきも言ったようにいろんなことを同じ部屋でやる。

 

 そんな状況だったわけだから、集中も切れやすい。

 

 ところが、2DKになるとどうだ!!

 

 空間が広くなっただけじゃなくて、

 「部屋によって用途を使い分ける」ことができる!!

 

 なんだこの最高な暮らしは!!!

 これまでの時間を返せ!!(あと彼女と二人だし幸せ)

 

 となったわけですよ。笑

 

 ちなみにまだ注文した仕事机が届いてないので

 ダイニングルームの机で仕事をしているけれど、

 

 もう、この時点で快適!

 

 寝る場所、食べる場所、だらだらする場所は別。

 この空間は考え事や仕事をする場所。

 

 と使い分けられてる時点で最高。

 

 あとはまだダンボールも積まれていて

 物置状態になってる仕事部屋(予定)を開拓すれば、

 

 一体この家はどれだけ快適になってしまうのか??

 考えるだけで想像するだけでヤバイ。

 

 予定では同じ部屋の中でも、

 

 「筋トレや運動(トランポリンん)のスペース」

 「仕事や勉強をするスペース」

 「本を読んだり考えごとをするスペース」

 

 と贅沢にふんだんに使い分ける。

 

 そんなイメージをしながら、

 一人でニヤニヤ頬を緩ませてます。

 

 その部屋で寝ることはないし、

 食事することはないし、ダラけることもないから、

 

 そのために必要な家具も置かずに済んで、

 その分を他に活用できる。

 

 なんて最高なんだ!

 空間ってホントに大事なんだ!

 

 と頭をガツンとぶつけたような衝撃と共に

 散々なまでに思い知らされてます。。

 

 これ以上いうと、自慢っぽくてイヤだけど、

 このブログでも何度か紹介したように

 

 ハナ野郎の彼女は割とミニマリストで

 断捨離が好きで片付け好きな人だから、

 

 もう彼女に任せていれば、

 部屋はだいたい綺麗なんですよ。

 (もちろん手伝いますすみません)

 

 これもまた空間にとって最高なことだと

 思い知らされたわけですね。

 

 「は?片付け? めんどいからいいや」

 で生きてきた元不登校引きこもり野郎にとって、

 

 人生で一番の綺麗で快適な生活。

 

 これはもう、この幸せを噛み締めて、

 その分をみんなにお返ししていくしかない!!

 

 そんな気持ちで今日は書いてます。笑

 

 と、まあ一人語りで気持ち悪い話だったけど、

 とにかく今日お伝えしたかったのは、

 

「やっぱり、空間ってメチャメチャ大事だ」

 そういうことです。

空間ってメチャメチャ大事

 もし、これを見てくれているあなたも

 自分の家が気持ちよくない状態であれば、

 

 自由に使える空間をいくつか用意する。

 そういう風にしてみてもいいかもしれないですね。

 

 単刀直入にいうと、

 「みんな!引越ししようぜ!!」

 っていうことです。笑

 

 それに、これからの時代はテレワークで済むことも増えて

 ぶっちゃけどこに住んでいてもいいわけなので、

 

 何も家賃が高い場所に住まなくていいわけです。

 

 程よく田舎で自然があって、街中もいい感じ。

 必要なものはネットで頼めばすぐ届く。

 

 そんな場所は日本にはいくらでもあるわけなので。

 (僕の出身の福岡とかオススメです)

 

 と、まあ今日はそんなハチャメチャな話でした。

 (まとめ下手かよ)

 

 それでは、

 

 最後までみてくださり

 ありがとうございました!

 

 

 ちゃお。

 

○こちらの記事もオススメです!

↓↓↓

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com