hanalifestyle

~元不登校引きこもりが引き寄せの法則と潜在意識を学んで人生が変わった話~

【引き寄せの法則】日中は“自分のこと”を考えない超シンプルな法則

日中は自分のことを考えない?

 

何を言っているのやら、、

という感じかもしれないですが

 

「日中は自分のことを考えない」

というのは文字通りのことで、

 

少しわかりやすく言い直すと、

 

「日中に誰かといる時は

 自分のことは考えない」

っていうことです。

 

それがどうした?

と思うかもしれないけれど、

 

これは引き寄せの法則にも関連していて、

マスターするとヤバイことになります。

 

今日はそんな

「日中は自分のことを考えない超シンプルな法則」

について話します。 

 

チェケラッチョ!

 

 

引き寄せの法則を簡単に

 

 引き寄せの法則については

 これまでたくさん書いてきたけれど、

 

www.hanalifestyles.com

 

 今日は少し変わった切り口で書きます。

 

 と、その前に、

 「引き寄せの法則」ってなんやねん。

 

 という人の為に簡単にお伝えすると、

 

 「自分が強く思ったことや

 イメージしたことはかなってしまう」

引き寄せの法則について

 ものすごく簡単にいうとこういうことです。

 

 「なんや、そのいかにも胡散臭いやつ」

 「あれ、なんかあかんサイト開いちゃったか」

 

 と、そんな風に思ってしまうかもしれないけれど、

  

 確かに「引き寄せの法則」自体は聞こえが怪しいし、

 そんな都合のいいわけあるか!だなんて思ってしまいがち。

 

 なにより、僕自身もそうだったんですが、

 これはキチンと考えていくと逆に

 

 「当たり前の話」なんです。 

 

 当たり前の話に対して、

 「なんだよ、それは当たり前のことじゃん」

 「え、何をいちいち足し算を説明してんの?」

 

 となるわけではなくて、

 「いや、それは怪しいな」と思ってしまう。

 

 これが一番「引き寄せの法則」の怖いところです。

www.hanalifestyles.com


 とはいえ、世間ではもっと大げさな表現

 「引き寄せの法則」について語られているので、

 

 逆に信じられない!

 怪しすぎるわ!

 

 となってしまうのも仕方がないけれど。

 

 ハナやろうのブログでは、

 そんな世間の誇大表現を分解して

 一つ一つわかりやすく伝えているのでご安心を!笑

 

 「引き寄せ」について詳しく知りたい方は、

  良ければバックナンバーを参考にしてみてくださいね。www.hanalifestyles.com

 

誰もが日中は自分のことばかりになってしまう? 

 やっと本題かよ!

 という感じだけど、、(すみません)

 

 私たちは、ほとんどみんなが

 「日中自分のことばかり症候群」

 になってしまっています。

 

 日中、というのはただの表現なので、

 夜行性の人は夜間ということになる。

 

 そもそも、自分が一人でいる時も

 結局は自分のことばかりなので、

 

 常に自分のことばかりになってしまっている。

 

 これは仕方がないことでもあるので、

 誰がどうこうと責めるような話ではないですね。

 

 私たちはそもそも、そういう風に出来てるんです。

常に自分のことばかり考えてしまう


 

 「じゃあ、日中自分のことを考えないって、

  そんなの無理な話じゃあないか!」

 

 と思う人も当然いると思うけれど、

 これは「意識すれば」どうにかなります。

 

 どういうことかというと、

 

 日中自分のことばかりになるのは“無意識”だから、

 “意識して”自分のことは考えないようにする。

 

 簡単にいうとそういうことなんです。

 

 誰だって、

 

 「自分の問題」があるし、

 「自分がやりたいこと」があるし、

 「自分がやるべきこと」があります。

 

 だからこそ、人のことよりも

 自分のことになりがちだし、

 

 大人になって時間が経つにつれて、

 そのことがだんだん“当たり前”になっていきます。

 

 そして、周りの大人たちも当然そうなので、

 そのこと自体に違和感を持てなくなってしまう

 

 実は、これは恐ろしいことだし、

 自分のことを考えているはずなのに、

 むしろ自分の幸せに繋がらない。 

 

 そんな根っこの深い問題なんです。

 

日中に自分のことを考えないで出来ること

 そんな「日中自分ばっかり問題」ですが、

 

 これは自覚して意識すればある程度改善できます

 

 とはいえ、元々の得意不得意はあるので、

 人によっては訓練が必要かもしれない。

 

 例えばハナやろうの場合だと、

 「色々と考えすぎてしまう」所があったので、

 人のことを考えている余裕はあまりなかった。

 (元気がなかった時代)

 

 そして、うつ病の人や忙しすぎる人にとっては、

 とても改善が難しいものかもしれないです。 

 

 逆に、小さな頃から人のことを考えられていて、

 学生時代から大人までそんなコミュニケーションをしてきた。

 

 そんな人にとっては、当たり前のことかもしれないし、

 

 一般的に「コミュ力」がある人っていうのは、

 要するに「人のことを考えられる」人ですよね

 

 これは逆にいうと、

「自分のことを考える」時間があまりない。

 

 とも言い換えられるかもしれません。

 

 だから、「日中自分のことを考えない」

 でいるだけで、自然とコミュ力が上がってしまう。

 

 それだけじゃなくて、

 「自分のことを考えない」ので、

 

 「目の前の出来事」のことや、

 「他人の言動」のことや、

 「日常に起きる事象」のことなど、

 

 様々なことに意識を向けられるので、

 より知識が付いたり、経験になったり、

 

 人よりも「時間」が長く感じられるし、

 人よりも「スキル」が身につけられる。

 

 こんな、お得でしかないものが

 「自分のことを考えない」法則なんです。

日中に自分のことを考えないと良いことだらけ

 もちろん、目の前の課題は問題に向き合って

 解決する時間も大切なので、

 

 一概に「自分以外を見る方がいい」

 とは言い切れない所はあるけれど、

 

 だけど、少しでもいいので意識して

自分のことを考えない」時間をつくってみる

 

 これはきっと、人生にとってお得なことですし、

 “引き寄せ”の法則に繋がる時間になります。

 

 ぜひ、一度でもいいので試してみてください。

 

 1日に5分でも15分でも、

 自分のことを忘れて過ごす時間。

 

 やってみるとわかりますが、

 なかなか素敵なものですよっ

 

 

 ということで、

 今日はここまでにしておきます。

 

 

 最後までみてくださり

 ありがとうございました。

 

 

 ちゃお。

 

 

○この記事もオススメっちゃ

↓↓↓

www.hanalifestyles.com
www.hanalifestyles.com

www.hanalifestyles.com